嘘だらけの筋トレとダイエット|効果がない商品や方法に騙されない対策

 

f:id:zerokarahosomacho:20190502225010j:plain

 

なぜ多くの方がダイエットや筋トレに挑戦しては散っていくのでしょう。

本人の努力不足?たしかにそれもあるかも知れません。

 

しかし事前にしっかり勉強して、何ヶ月も頑張っているのに効果が出ない人がいるのも事実です。

 

痩せない体質、筋肉がつかない体質だから?

違います、そもそもの方法が間違っているからです!

 

ダイエット、筋トレ…日本のこの業界は、はっきり言って腐ってます。

 

とにかく詐欺みたいなモノでも売れればいい。

効果がない方法をあたかも最新の知識であるかのように装って紹介し、ダイエットや筋トレをしているつもりにさせればいい。

 

完全にビジネス優先ですよ、イメージを売ってるだけ。

 

こういう業界にとってはあなたの体に変化があろうが、なかろうがどうでもいい。

 

いや、むしろ効果が無い方が良い。

なぜなら効果がなければ未来永劫カモれるからです

 

かく言う筆者も、この業界に踊らされては挫折するのを5年くらい繰り返してきました。

 

僕自身この業界に対しては相当恨みがあるので、過去に何度も書いてきましたが今回はこの記事ひとつにまとめていきます。

 

こういう情報、商品は絶対に信用してはいけない!

そして騙されないための対策も書いていきます。

 

 

 

 

嘘だらけの筋トレとダイエット|効果がない商品や方法に騙されない対策

 

f:id:zerokarahosomacho:20190503102822j:plain

 

業界の嘘を暴いていきます。

 

テレビ、雑誌の筋トレやダイエットの情報は嘘だらけ

 

まず多くの方が情報源としているテレビや雑誌、ここが嘘だらけです。

これが最大の問題点なのですが、媒体の特性上仕方ない部分ではあります。

 

テレビの筋トレやダイエットの情報は嘘だらけ

 

まずテレビ局としては家にいてもらわないと困ります。

 

「テレビなんて見ないでジムへ行ってこい」

 

とは絶対に言いません。

 

なので当然の流れですが『テレビを見ながらできる簡単エクササイズ』などのぬるい内容になってしまいます。

 

また現代ではインターネットがあるため、テレビのみを情報源としている人はいわゆる情報弱者です。

 

『この食品にはこんなダイエット効果があります!』と紹介されたら次の日に店頭でそれを買っちゃうような人々です(昔は品薄になるなど社会現象になってましたが、最近テレビにそこまでの影響力はありませんね)

 

その層へ向けた番組作りとなるためどうしても情報の質は落ちます。

 

ただし近年変わりつつあるのも事実です。

 

NHKの『みんなで筋肉体操』や『趣味どき!』などは自宅でできるトレーニングとしては一定のクオリティは保っています。

 

フィットネスブームで一般層の知識レベルが上がってきている影響でしょう。

この流れは今後、加速していくのではないかと予想します。

 

とはいえ、繰り返しになりますがテレビというメディアの特性上…

 

「筋肥大には『漸進性過負荷の原則』が必要なのでジムでウエイトトレーニングをしてください」

 

とは絶対に言いません。

 

スポンサーの関係上『食わなきゃ痩せます』とも言えません(食品会社が提供してたら絶対に言えませんよね)

 

こういった理由から、今後テレビで得られる情報のクオリティは多少上がるかも知れませんが、たかが知れてる程度です。

 

雑誌の筋トレやダイエットの情報は嘘だらけ 

 

いくらクオリティが高い内容でも、雑誌は売れないと意味がありません。

 

  • ジムへ行ってる人口
  • 家で自重筋トレをしたい人口

 

これを考えた場合、後者の方が多いためそこへ向けた発信がメインとなってしまいます(効果があろうがなかろうが)

 

また、みんななるべくキツイことはしたくないのでぬるいエクササイズの紹介ばかりとなってしまいます(『オフィスでこっそりできるながら筋トレ特集』とか)

 

雑誌で自重筋トレを紹介しているモデルのマッチョはウエイトトレーニングで体を作ってます。

いくら自重筋トレの雑誌に載ってる筋トレを続けても、そこに載っているマッチョのようにはなれません。

 

中には明らかな嘘もあります。

 

よくあるのが『下腹をヘコませるトレーニング特集』や『顔やせして小顔になろう!』などですね。

部分痩せはできません。いくら腹筋をしても、食事制限無しに下腹だけヘコむなんてありません。

 

下腹なんて食事制限(摂取カロリー<消費カロリー)を守っても最後の最後まで脂肪が残るところです。

これは僕のダイエットの経過を見てもらえればわかります。

 

下腹、脇腹ほんとしつこいですよ!

 

【ダイエット報告の記事】

www.zerokarahosomacho.com

  

定期で発売される雑誌の場合、毎回同じ内容を書くわけにはいけません。

 

『大胸筋を厚くしたいならベンチプレスをしろ!』

 

真実はこれだけなのですが毎回は書けませんよね。

なのでほとんど筋肥大には意味のないエクササイズを紹介せざるを得ないのが現状です。

 

雑誌も多少変わりつつありますが、テレビと同じでこのメディアの特性上限界があるのです。

 

インターネットの筋トレ、ダイエットサイトの情報は嘘だらけ

 

大手ダイエット専門情報サイトは嘘だらけ

 

雑誌と同じで、常に同じ情報を書くわけにもいきません。

 

なので本当は誤差レベルの些細なことでも『ダイエットの新事実発覚!この成分が入った食品はダイエット効果抜群!』などの特集を組みます。

 

テレビと同じでぬるいエクササイズをさも効果があるかのように紹介してきます(これネタに困らないんですよw 無限に作れますからね)

 

また企業とタイアップしてる場合も多いので、たいして効果がない物を売り込んできたりもします。

 

アフィカス個人ブログの筋トレとダイエット情報は嘘だらけ

 

着るだけで筋肉がつくと謳ってた詐欺商品の『加圧シャツ』

 

アフィリエイトの収入欲しさに、こんなものを平然と紹介していたクソブログが山程あります。

芸能人が広告塔をしているクソの役にも立たない『HMBサプリ』なんかを紹介してるサイトが山程あります。

 

悔しいのがこういうブログのほうが僕のブログより読まれていることですw

まぁいずれ駆逐します、そのためにブログを書いてます。

 

ダイエットサプリを紹介しているブログも山程ありますが、ダイエットにサプリは必要ないですよ。

食べすぎてるのを減らせばいいだけですからね。

 

ダイエットに新たにお金をかけようとしている人は間違ってますよ。

 

【関連記事】

www.zerokarahosomacho.com

 

本の筋トレ、ダイエットの情報は嘘だらけ

 

権威がありそうな活字の本でも嘘だらけです。

 

これも基本的には売れればいいので、例えば糖質制限が流行れば関連の本が山ほどでますし、インナーマッスルや体幹トレーニングなんてしょぼい筋トレの関連本も山ほどありましたよね。

 

基本的に流行りには乗らなくていいと思ってください。

 

【関連記事】

www.zerokarahosomacho.com

 

以上、メディアの嘘を暴いていきました。

 

「ほとんど嘘じゃねーか!」と思った方…残念ながらほとんど嘘です。

 

ダイエットや筋トレはビジネスと結びついて『何が本当に必要なこと』で『何が必要ないこと』なのかわからなくなってるのが現状です。

 

僕のブログでは複雑に絡まった情報を紐解いて、最もシンプルな形で提供できるように努めています。

 

ではここからは、こういったメディアの嘘に騙されないために情報を収集する際に気をつけるべきことを書いていきます。

 

 

 

筋トレやダイエットの嘘情報に踊らされないための対策

 

f:id:zerokarahosomacho:20190503121713j:plain

 

発信者の経験に基づかない情報は全部無視

 

経験に基づかない情報は全て無視しましょう。

 

具体的に言うと、どんな体かわからない奴の言うことは信用しないようにしましょう。

 

これで誤った情報を拾ってしまう可能性はグッと減ります。

 

詐欺みたいな商品を紹介している人には、「まずはあなたの体を見せて?そしたら話を聞いてあげる」とツッコんであげましょう。

 

ダイエットをしたことない人のダイエット情報には何の価値もありませんし、筋トレをしたことない人の筋トレ情報にも価値はありません。

 

いくら「私は詳しいです」と言っても、論より証拠を出せよって感じですよね。

 

僕自身こうやって発信する側ですが、 証拠を出すのは読者の皆様と信頼関係を築くうえで最も必要な行為だと思っています。

 

いくらトレーナーと言っても肩書だけで信用はしません。

 

一口にトレーナーと言ってもコンテストに出ているような人から、自分の体型も管理できてないのまで様々いますからね。

 

論文なども経験に基づかないものは無視しちゃって構いません。

 

例えば以前『名古屋大学の研究は朝食を食べないと太る根拠にはならない』という記事を書きました。

 

これは僕の経験上「朝食を食べなければその分カロリーが減るので痩せる」とわかっていたので、一次情報の論文を確認したところ突っ込みどころが満載だったからこういう記事が書けたわけです。

 

論文をそのまま載せてるだけのサイトだとこういう考察はできません。

 

後述しますが『人間が痩せる仕組み』『筋肉がつく仕組み』なんて単純なので本質的なことを理解していれば今さら最新の論文なんて気にする必要ありません。

 

繰り返しになりますが、エビデンスだけではなく必ず経験がプラスされた情報を信じるようにしましょう。

 

【関連記事】

www.zerokarahosomacho.com

 

いま一番経験に基づく情報が拾えるのはYouTubeです。

 

YouTubeで発信している彼らは動画で毎年自分の体を晒していますので、信頼性は抜群です。

 

オススメの筋トレYouTuberは以前の記事にも書いたとおり、『sho fitness』さんと『筋肉好きあるあるbot』さんです。

 

【関連記事】

www.zerokarahosomacho.com

 

女性の方でもダイエットして痩せたかったらインスタでスムージー飲んでるモデルより、ボディビルダーやフィジーク選手などコンテストに出ている人達を参考にしたほうが良いです。

 

人間が痩せる仕組みは男女とも同じです。

彼らボディメイクのスペシャリストの言うことを一度聞いてみる価値は絶対にあります。

 

科学、人間の生理学を無視した商品や方法は全部無視

 

ダイエットして痩せる仕組み

 

  • 『消費カロリー>摂取カロリー』の状態を痩せるまでひたすらキープする

 

筋トレして筋肉がつく仕組み

 

  1. 筋肉に8〜10回が限界の負荷を与える
  2. 食事のトータル摂取カロリーを消費カロリー以上にする(オーバーカロリー)
  3. タンパク質を少なくとも除脂肪体重の2倍g摂取する(除脂肪体重50kgなら100g)
  4. 扱う負荷の重さを更新していく
  5. 1に戻る

 

めちゃめちゃ単純に書くとこれだけです。

これは何万年も前から変わらない人体の仕組みです。

 

この原則に反する商品や方法は全て無視してください

 

例えば着るだけで筋肉がつくと言われた『加圧シャツ』ですがこの原則には当てはまりませんよね。

 

飲むだけで痩せるダイエットサプリを飲んだところで、食べ過ぎれば太ることがこの公式からわかります。

 

ダイエットに有効ななんちゃらという成分が入ってる食品を食べようが、食べなかろうが摂取カロリーを抑えれば痩せるわけです。

 

このように詐欺商品や効果がない方法に関しては、これで全てが否定できます。

 

現在売ってる商品もポチる前にこの原則に当てはまっているか考えてみてください(お腹に貼ってピクピクするのは当てはまってますかね?)

 

これが本質であり、大原則です!

 

これを知らずしてダイエットや筋トレをしている人は、暗闇の中ライトを持たずに歩いて目的地を目指しているのと同じです。

 

 

 

嘘だらけの筋トレダイエット|お前は何者だ?

 

以上のことを踏まえればもう騙されることはありません。

 

ところで「お前誰だよ!」って感じでしょうが、僕は30歳でメタボに嫌気がさして肉体改造をしているしがないサラリーマンです。

 

現在33歳、今までの変化はこんな感じです。

 

f:id:zerokarahosomacho:20190530224138p:plain

 

これを見て「うわ、しょぼ!」 または「やるじゃん!」という判断は読者の方々にゆだねています。

 

そのために経過を全て公開してます。

 

この比較画像がなければ『こいつの書くことに価値はあるのか』判断できませんよね。

 

今まで書いてきたことはつまりそういうことです。

 

僕よりいい体の人が僕の言うことを聞くのは時間のムダですし、僕程度の情報でいい方は参考にしていただけると嬉しいです。

 

『ズボラ肉体改造』と称して、最低限の努力で体を変えるための方法を日々模索してブログで公開しています。

 

【ズボラ肉体改造まとめ記事】

www.zerokarahosomacho.com

 

実際に僕が行っている方法は上記に全てまとめていますので、よろしければ参考にしてください。

 

それではまた次回、トモでした!