武田真治がイベントでベンチプレス100kgを軽々5回あげてしまう【その凄さを検証】

 

f:id:zerokarahosomacho:20190519130856j:plain

出典:https://www.excite.co.jp/news/article/Getnews_2152375/

 

1月に放送された『TEPPEN 2019 冬の陣』のベンチプレス対決で、体重の8割に重量設定されたベンチプレスを109回挙げるという驚異的な記録を残し話題となった武田真治。

 

【その放送をまとめた記事はこちら】

www.zerokarahosomacho.com

 

その武田真治がまたやってくれました!

映画『オーヴァーロード』のイベント内でラフにベンチプレス100kgを5回あげてしまったのです。

今回はこれがどれほど凄いことなのか検証しました!

 

 

 

 

武田真治がイベントでベンチプレス100kgを軽々5回あげてしまう【凄さを検証】

 

武田真治がベンチプレス100kgを5回あげる動画

 

実際に動画をご覧になっていただいた方が良いでしょう。

※ベンチプレスは3:30くらいから

 

【武田真治が覚醒?100kgのベンチプレスを持ち上げる!】


武田真治が覚醒?100kgのベンチプレスを持ち上げる!

 

動画引用元:fieldcasterjapan - YouTube

 

武田真治はアップなし、ギアなし、衣装、サムレスグリップ(親指を握り込まず上に外す)でベンチプレス100kgをラフに5回あげました…怪物すぎでしょ。

※ベンチプレスのサムレスは危険なので基本的にやめといたほうが良いです。

 

武田真治のベンチプレスをRM換算して1回ギリギリあがる重量を算出


武田真治は今回のイベントで100kgを5回あげました。

またイベント内で「普段は90kgを10回あげます」と証言しています。

 

【参考記事(外部リンク)】

www.excite.co.jp

 

以上をもとに、RM換算表により武田真治が『ギリギリ1回あげることができる重量』を調べてみましょう。

以下の『RM換算表』を利用します。

※RMとは(最大反復回数)

 

f:id:zerokarahosomacho:20190519133706p:plain

出典:https://workout.sakuranbou.com/BenchPerssMax.html

 

  • 90kgを10回あげる証言
  • 100kgを5回あげた

 

この2つを換算して1回ギリギリあがる重量を調べた結果、どちらも113kgとなりました。

よって武田真治の1回MAXのベンチプレスの重量は『113kg』と仮定します。

 

武田真治の体重55kgでベンチプレス113kgあげるのはどれくらい凄いことなのか?

 

続けて以下のベンチプレスMAXレベル表を用いて、武田真治のレベルを調べましょう。

 

f:id:zerokarahosomacho:20190519135824j:plain

https://bodix.jp/5232

 

このデータでは体重60kgの人までしかありませんが、上記の表から推測すると武田真治はベンチプレスにおいて上級者以上〜ほぼトップクラスの実力がある といえます。

トップクラスだと『上位5%、5年以上コンテストを目指して練習したレベル』ということになります。

 

武田真治100kg5回の衝撃!Twitterの反応

 

 

 

 

 

 

 

武田真治は持久力とパワーを兼ね備えた最強の大胸筋であることが判明

 

f:id:zerokarahosomacho:20190519120647j:plain

出典:https://www.excite.co.jp/news/article/Getnews_2152375/

 

武田真治はTPPENで筋持久力を、今回のイベントではパワーを我々に見せつけました。

筋持久力とパワーの両方を兼ね備えている…これはもはや怪物としか形容できません。

例えるならマラソンも短距離走も両方トップクラスの実力があるといった感じ。

武田真治のトレーニング方法をまとめてくれているツイートがありました。

 

【武田真治のトレーニング】 

 

武田真治のようになりたい方はぜひ参考にしてみてください。

ちなみにもう20年以上も筋トレを続けているらしいですよ。

継続は力なりですね。

それではまた次回、トモでした!