筋トレしても無駄で無意味です【筋トレが続かないのは当たり前】

 

 

f:id:zerokarahosomacho:20190608231810j:plain

 

「毎年筋トレに挑戦してはすぐ挫折しちゃうんだよね…一体どうやったら続くんだろう。」

 

このようにお悩みの方が多いと思いますが、あなたは間違っていませんよ!

 

筋トレなんて続かなくて当然です。

なぜなら筋肉なんて生きていく上で何の役にも立たないからです!

 

 

 

 

筋トレしても無駄で無意味【筋トレが続かないのは当たり前】

 

テクノロジーにより筋肉は不要なものになった

 

f:id:zerokarahosomacho:20190608232655j:plain

 

人類の歴史を飛躍的に発展させたテクノロジーである『車輪』

これにより人間の筋肉は不要なものになりました。 

 

最も筋肉が必要な場面だった移動と物流に、筋肉がいらなくなったからです。

車輪によって筋肉を使わなくても遠くへ行けるし、重いものを運べるようになりました。

 

他にも兵器の進歩により筋肉は不要になりました(昔の戦争は肉弾戦でしたからね)

 

日本はイノベーションが起こりやすい環境にある

 

現在の日本は人口減少による人手不足を補うテクノロジーが急務です。

需要があるところはイノベーションが起こりやすい。

 

建築現場や介護現場の一部では『パワーアシストスーツ』の導入が実用化されており、その市場規模は2024年には一千億円を超えるとされています。

 

f:id:zerokarahosomacho:20190608234518p:plain

引用:https://www.seedplanning.co.jp/press/2014/2014081901.html

 

このような現場に限らず、近い将来 我々が日常生活の中で身近にパワースーツを利用する場面が訪れるかも知れません。

 

そうなるとますます筋肉は不要なものになることは目に見えています。

 

そんな中、筋トレをすることに何の意味があるのでしょうか?

 

「何を目指してるんですか?」当然の疑問です

 

このような状況で、筋トレしてる人を見て「何を目指してるんですか?」と思うのは当然の疑問ですよね。

 

これから何の役にも立たなくなるものを必死に鍛えてるんですから。

理解できるわけ無いです。

 

実際、僕自身がスポーツもしてないのに筋トレしている人を昔は理解できませんでしたw

 

ムダで無意味ですがそれでも僕は筋トレをします

 

f:id:zerokarahosomacho:20190609002517j:plain

 

ムダで無意味ですがそれでも僕は筋トレをします。

 

人生における全ての行為はムダで無意味です

 

というのも人生におけるすべての行為はムダで無意味です。

 

世間で意味があるとされていることは、誰かが作った固定観念でしかありません。

 

終身雇用の終焉

 

例をあげるとちょっと前まで日本は終身雇用が当たり前でした。

 

しかしつい先日、日本のトップ企業であるトヨタ自動車が『終身雇用限界宣言』をして話題になりましたね。

次いで経団連の会長も『終身雇用は制度疲労である』と発言しています。

 

今までは思考停止してその会社でのみ通用するスキルを磨いていればよかったのですが、これからはそうはいきません。

会社を放り出されれば、その会社のみで通用するスキルや上司へのごますりは無意味なものとなってしまいます。

 

終身雇用は日本のガラパゴス的な文化であり世界的にはそもそも不思議な制度でしたが、日本人は会社に尽くすことが美徳だと思っていました(それはそれで美しいとは思いますが)

 

他にも永遠の愛を誓い、結婚することに意味があると信じていた夫婦の3.5割は離婚します。

 

意味があると思っていることは、時代や環境によって簡単にひっくり返るのです。

 

人生は死ぬまでの暇つぶしです

 

誰かが言ってましたが、これってほんと名言ですよね。

 

何もかも死によってリセットされるのだから、誰かの固定観念をベースに生きるのではなく自分のしたいことをするべきです(他人の権利を侵害するのはNGですが)

 

僕が筋トレしている理由のひとつは

『体という器の有効期限は約80〜90年くらいなんだから、今のうちに使っとかないともったいない』

と思ってるからです。

 

ゴロゴロするのなんて今しなくても年取ったら嫌でも動けなくなるし、死んだら眠り続けるわけですw

 

だったら今のうちに細マッチョくらいは目指さないともったいない!

 

 

 

筋トレに意味をもたせるのは自分自身です

 

f:id:zerokarahosomacho:20190603120916j:plain

 

『人生の99.9%の問題は、筋トレで解決できる』

 

このように言っている人がいます。

 

もちろん全ての人に当てはまることでは無いでしょう。

いや、むしろ人生の99.9%の問題が筋トレで解決するわけなんてありません。

 

しかし重要なのはある人にとっては無意味な筋トレが、ある人にとってはそれだけの効果をもたらすということです。 

 

これは何も筋トレに限ったことではありません。

それって何の意味があるの?ってことを続けた結果、人から称賛されるようになった人は山ほどいます。

 

例をあげると、YouTuberのヒカキンさんは、YouTubeが1円の利益にもならない頃から動画投稿を続けていました。

アイスマン福留さんはひたすらコンビニアイスの評論を続けて現在はそれが職業になってます。

 

彼らは後に称賛されるわけですが、別にそうならなくても自己満足でいいんです。

 

つまり何が言いたいか。

全ての物事に意味をもたせるのは自分自身であるべきです。

 

筋肉がこれからの時代に必要なくなるから、「何を目指してるんですか?」とバカにされる…そんなことはどうでも良いのです。

 

自分が意味があると思えば筋トレをすればいいし、無意味と思うならやめればいい。

筋トレが続かない人は、続けるほどの意味を筋トレに見出せていないのです。

 

それは全然悪いことではありません。

そのかわりに自分にとって意味があることに時間を使えば良いだけです。

 

時代の転換点だからこそ…

 

令和の時代は今まで当たり前と思っていた価値観が激変していく時代です(前述した終身雇用制度しかり)

 

今、当たり前にある職業のほとんどはここ150年くらいの歴史しかありません。

その多くがAIやテクノロジーにより代替されていきます。

 

当たり前が崩れる時代だからこそ、我々に求められるスキルは『自分で判断し思考する能力』です。

人からどう思われるかとか、固定観念とかどうでもいいです。

 

何が幸せかは自分で決めましょう。

 

というわけで、ムダですし無意味ですが僕はこれからも筋トレをします。

ちなみにブログもオワコンと言われていますが、楽しいので僕は書き続けますw

それではまた次回、トモでした!

 

【筋トレを継続し習慣化するコツはたった2つです】

www.zerokarahosomacho.com