筋肉を大きくしたいならバランスボールで体幹トレーニングは意味がない【筋トレ】

 

f:id:zerokarahosomacho:20190607204227j:plain

 

「スポーツ選手はバランスボールで体幹を鍛えているらしい。俺もバランスボールで体幹トレーニングをしてスポーツ選手のようなかっこいい見た目になるぞ!」

 

残念ながらバランスボールでスポーツ選手のような筋肉はつきません。

 

スポーツ選手のような見た目になりたいなら、バランスボールなどを使ったいわゆる“体幹トレーニング”はムダなので今すぐやめましょう。

 

スポーツ選手のような見た目になりたいなら、ジムでウエイトトレーニングをするべきです!

 

 

 

 

筋肉を大きくしたいならバランスボールで体幹トレーニングは意味がない【筋トレ】

 

スポーツ選手の筋肉はウエイトトレーニングでできている

 

スポーツ選手の筋肉はウエイトトレーニングで鍛えたものです。

プロのスポーツ選手はバーベルスクワットやデッドリフトでフィジカルを強化しています。

 

単純に見た目という点のみなら、バランスボールは必要ありません。

論より証拠ということで、いわゆる体幹が強い選手を何人かピックアップしていきます。

 

サッカー:クリスティアーノ・ロナウド

 

f:id:zerokarahosomacho:20190607232314j:plain

出典:https://vogueword.click/archives/8473

 

筋肉といえばクリスティアーノ・ロナウド。

彼の見た目に関していうと、バランスボールで作ったものではなくがっつりウエイトトレーニングをやり込んで作った体です。

 

f:id:zerokarahosomacho:20190607233415j:plain

出典:https://www.afpbb.com/articles/-/3044990?pno=158&pid=20592016

 

このように昔はかなり細かった。

ここからウエイトトレーニングにより今の肉体を作り上げました。

 

f:id:zerokarahosomacho:20190607234308j:plain

出典:Twitterより

 

【ロナウドの筋トレメニュー】

 

 

陸上:ウサイン・ボルト

 

f:id:zerokarahosomacho:20190607235958j:plain

出典:http://www.borntoworkout.com/usain-bolt-training-routine-diet-plan-tips/

 

男子陸上100m、200m世界記録保持者のウサイン・ボルト。

世界一速い男も、もちろんウエイトトレーニングをしています。

 

スピードスケート:高木姉妹

 

f:id:zerokarahosomacho:20190608000733j:plain

 

高速で氷の上を滑り、コーナーでは遠心力に負けないよう相当な体幹の強さが要求されるスピードスケート。

このようにハードなウエイトトレーニングをやり込んでます。

 

スポーツ選手の筋肉はその競技で自然についたものではない 

 

「スポーツで自然に身についた筋肉はかっこいいけど、筋トレでつけた偽物の筋肉はちょっとダサいよね」

 

たまにこういうことを言う人がいますが、単純に見た目という点だけに関して言うとスポーツ選手も筋トレでつけた筋肉です。

競技で自然に身についたものではありません。

 

筋トレにより強靭な肉体を作った上でのバランスボール

 

スポーツ選手はウエイトトレーニングによる筋トレで戦える体を作った上で、各競技に必要なトレーニングを積んでいます。

バランスボールはここに含まれます。

あくまで競技に必要だからしているトレーニングです。

 

なのでスポーツをしてなくて見た目の筋肉が欲しいだけなのにバランスボールを利用するのは全くムダな行為です

 

見た目を変えたくてパーソナルトレーニングをお願いしてるのに、バランスボールを持ち出してくるようなトレーナーには絶対に教わったらダメですよ。

 

いわゆる体幹トレーニングの効果には疑問の声もある

 

メジャーリーガーのダルビッシュ有投手が以前こんなツイートをしていました。

 

 

僕はスポーツトレーナーでもドクターでもないので、いわゆる日本で流行っている“体幹トレーニング”がスポーツのパフォーマンスを向上させるか否かについてはわかりませんが、このような意見があるのも事実です。

 

余談:インナーマッスルだけ鍛えるなんて意味不明

 

体幹トレーニングと同じくちょっと前まで日本でよく言われていたのが「インナーマッスルを鍛えよう」

 

インナーマッスルだけ鍛えるなんてできませんよ

軽い重量だからインナーマッスルだけが使われるなんてありません。

 

我々の体は必要な動作に応じてアウターマッスルだろうがインナーマッスルだろうが動員されます(そもそもこれを分けることが僕は好きじゃない)

インナーマッスルをトレーニングするとか、仮にできたとしても何の意味があるのかさっぱりわかりません。意味不明です。

 

 

 

結論:見た目を変えたいならバランスボールよりジムで筋トレ

 

f:id:zerokarahosomacho:20190608010254j:plain

 

見た目を改善するならジムでウエイトトレーニングをするのが一番効率的です。

スポーツ選手もそうしてます。

それなのになぜか日本人はウエイトを毛嫌いしますよね。

 

「ウエイトトレーニングなんてしたらボディビルダーみたいにムキムキになりすぎちゃう!」

 

普通の人が普通にウエイトトレーニングをしても彼らのようにはなれません。

ちょうどいい感じの体ができる程度です。

 

ボディビルダーの方々は筋肉に生活を捧げています。ほぼ毎日筋トレをして食事も管理しています。

その上であの体を作っているのです。

  

ともかく見た目を改善したいだけなら、バランスボールなんて今すぐ針でぶっ刺して空気を抜いてゴミ箱に捨てちゃってください。

そして近くのジムを調べてみましょう。

 

それではまた次回、トモでした!

 

【最速で見た目を変えるには速筋を鍛えよう】

www.zerokarahosomacho.com