【ダンベル購入】オススメはワンタッチで簡単に重さを変更できる可変式ダンベル【一択】

 

f:id:zerokarahosomacho:20190818134109j:plain

 

こんにちは、運動経験ゼロから細マッチョを目指しているトモです。

  

ダンベルで全身を鍛えるには、各部位に応じて最適な重さで筋トレをする必要があります。

 

重さを変えられないダンベルをひとつだけで購入しても、全身を効率的に鍛えるのはぶっちゃけ無理です(理由は記事の中で説明します)

 

しかしジムのように様々な重さのダンベルを自宅に揃えるのは、現実的ではありませんよね。

 

購入をするとしたら、重さを変更できる『可変式のダンベル』が現実的でしょう。

 

可変式ダンベルにも色々ありますが、

僕がオススメするのは絶対にワンタッチで重量が変更できるモノです!

  

今回は、バーベルを一切使わずにダンベルメインで上半身を鍛えている僕が、

 

  • 絶対にワンタッチ可変式ダンベルをオススメする理由

  • オススメのダンベル

 

以上2点について書いていきます!

 

 

 

 

ダンベルを購入するならワンタッチで重量を変えられる可変式ダンベルがオススメ

 

f:id:zerokarahosomacho:20190818160927j:plain

 

購入するなら可変式のダンベル一択です!

 

まずは『重さを変えられないダンベル』より『可変式のダンベル』にすべき理由から説明します。

 

よくありがちな失敗例

 

思いつきで10kgのダンベルを買ってみたけど、何をしたらいいのかわからない…。

とりあえず、よくみるこの上げ下げの動作だけひたすらやってみるか!

 

このパターン…実際に僕もやらかしたことがありますw

 

筋トレをしようと決意し、ホームセンターでダンベル10kgをひとつだけ購入。

ひたすらこの上げ下げ(ダンベルカール)を1ヶ月やりました…が、見た目が全然変わらずに挫折してしまった過去がありますw

 

それもそのはず。

 

この『ダンベルカール』という種目では、腕の小さな筋肉しか鍛えることができません。

 

この種目をいくらやり込んだところで、

腕は多少太くなるでしょうが、見た目に直結する胸や背中の筋肉を鍛えることはできません。

 

筋トレをして見た目をかっこよくしたいなら『ダンベルカール』だけではいけません。

 

胸の種目である『ダンベルベンチプレス』

背中の種目の『ワンハンドロウイング』

 

バランス良く全身の種目を取り入れる必要があります。

 

全身をバランス良く鍛えるうえで、全ての部位で10kgのダンベルが最適な重さなわけがありませんよね。

 

筋肥大に最適な重量設定

 

筋肥大に最適な重量の設定は、8〜10回ギリギリ扱える重さです。

 

それなのに10kgのダンベルしか持ってなかったら、

部位によっては軽すぎたり、逆に重すぎたりする事態になってしまいます。

 

これでは効率が悪い。

 

胸なら胸の種目、背中なら背中の種目…各部位に合わせて最適な重量の選択が必要です!

 

したがって、ダンベルは必ず可変式で部位に応じて最適な重量に変更できるものを購入するべきという結論になります。

 

ジムのように色々な重量のダンベルを自宅に揃えられる環境なら、それに越したことはありません。

しかしスペースを取りますし、なかなかそういうわけにもいきませんよね。

 

ちなみに僕は、上半身をダンベルで鍛えるうえで 5kg〜40kgのダンベルを使ってます。

 

こんなに重量の幅が必要なので、現実的にはやっぱり可変式しか選択肢はないかなと思います。

 

※筋肥大に最適な重量設定は下記記事に詳しく書いています。

» 筋肥大に効果的な速筋の筋トレ

 

ダンベルだけでも全身をバランス良く筋トレできます!

 


ダンベルとベンチを使って自宅で全身を鍛える筋トレメニュー【10種目】

 

動画引用元:katochan33 - YouTube

 

この動画は10種目で全身を鍛える筋トレを紹介してくれています。

 

このように、ダンベルだけでも全身をバランス良く鍛えることができます。

 

ただし繰り返しになりますが、それぞれの種目に応じて最適な重量(8〜10回ギリギリ扱える重さ)で筋トレすることが筋肥大には最も効率的です。

 

同じ動作をしていても、重量の選択をミスってしまうと筋肉にうまく効かせられずにいつまで経っても筋肉が発達しない…なんて事態になりかねません。

 

必ず部位によって最適な重さに変えて筋トレしましょう!

  

可変式ダンベルにすべき理由まとめ

 

  • 各部位で最適な重量は異なる

  • ジムのように色々な重量のダンベルを揃えるのは現実的でない

 

可変式ダンベルはワンタッチで簡単に重量変更できるものを購入しよう

 

ダンベルで全身を効率的に筋トレするには、現実的に可変式ダンベルしか選択肢が無いことを説明しました。

 

さて可変式ダンベルにも色々なタイプがあります。

 

その中で僕がオススメするのは、ワンタッチで簡単に重量変更ができるタイプの可変式ダンベルです!

 

ワンタッチ可変式は重量変更が快適

 

よくマンガ雑誌の広告に載ってるような、

自分でぐるぐる回して重量変更するタイプのダンベルは絶対にオススメしません。

 

あれ毎回、毎回ぐるぐる回して重さを変えるのが超めんどくさいですよ!

 

これからずっと筋トレを続けていくのに、

ぐるぐる回してダンベルの重量を変更する手間が毎回入るのってかなりしんどいです。

 

正直、挫折の原因になる可能性が大です。

 

ワンタッチ可変式のダンベルなら、

わずか数秒で重量の変更が可能なので、わずらわしさが無く快適に筋トレをすることができます。

 

ワンタッチ可変式は小スペース

 

ぐるぐるタイプは使わないプレートで部屋が散らかります。

 

片付ける場所を決めていても、めんどくさくてその辺に転がすことになる可能性大です。

 

ワンタッチ可変式のダンベルなら、プレートが散らかる心配はありません。

 

使用していないプレートは常に台座の上に残る仕組みなので、必要以上に部屋のスペースを取ることもありません。

 

ワンタッチ可変式は追い込みに最適

 

例えば20kgで10回筋トレしたあとに、すぐ重量を軽くしてさらに追い込みたいときってありますよね(ドロップセットと言います)

 

ワンタッチ可変式なら、そんなとき素早く重量変更して種目に戻ることができます。

 

しかしぐるぐる手動タイプは、プレートを外すのにモタついてしまうのでこういう追い込みはできません。

 

ワンタッチで重量変更できる可変式ダンベルを購入すべき理由まとめ

 

  • 重量変更が簡単でめんどくさくない

  • 小スペースで部屋が散らからない

  • 素早く重量を軽くできるので追い込みにも最適

  • かっこいい(これも大事!)

 

 

 

オススメのワンタッチ可変式ダンベル『Motionsダンベル』

 

僕のイチオシは、Motionsのダンベルです。

 

横のつまみを回転させ、使用したい重量に合わせるだけで簡単に重さを変更できる優れもの!

 

このようなタイプのダンベルを『アジャスタブルダンベル』といいます。

 

Motionsのアジャスタブルダンベルをオススメする理由

 

とにかく価格が安い!

 

アジャスタベルダンベルで有名なメーカーは、ボウフレックスです。

 

ボウフレックスは筋トレ界では知らない人がいないほどのハイブランド!

なのでお値段がとても高い!

 

【ボウフレックスのアジャスタブルダンベルの価格】

 

  • 24kg 1個:34,990円

  • 41kg 1個:4,9990円

 

通常ダンベルは2つ必要なので、実際にはこの2倍の費用がかかります。

これを購入するのは…なかなか勇気がいりますよね。

 

【Motionsのアジャスタブルダンベルの価格】

 

  • 24kg 2個:2,9800円

  • 41kg 2個:4,9800円

 

なんとMotions2個でも、ボウフレックス1個以下の価格で買えちゃうんです!

 

しかもMotionsはおまけでトレーニンググローブもついてきます!

 

びっくりするくらいお得ですね。

 

安全性も問題なし!

 

そんなに安くて安全なの?

 

ご心配なく、全く問題ありません!

 

こちらの安全性を検証した動画をご覧ください。

 


可変式ダンベルMotionsは確かに安全!

 

動画引用元:Discovery Next - YouTube

 

こちらの動画では、わざとダイヤルを変なところに合わせて台座から引き抜こうとしていますが抜けないのがわかります。

 

もしこの状態で抜けてしまうと、ロックが外れてプレートが落下する危険性がありますが、そもそもそのように危険な状態では使えない仕様になっています。

 

しっかりダイヤルを合わせれば引き抜くことができ、その場合はしっかりプレートがロックされるので落下する心配はありません。

 

1年間の保証有り

 

品質に問題はないの?

 

保証期間が1年とロングサポートになってますので、万が一壊れた場合はメーカーが対応してくれます(ただしぶつけて壊した場合などは対象外となります)

 

安くて、安全!

サポートまでついてるんだね!

 

アジャスタブルダンベルのデメリット

 

とくにMotions特有のデメリットではなく、アジャスタブルダンベル全般に言えることですが通常のダンベルより幅が長いです。

 

なので種目によってはやりずらい場合があるかも知れません。

 

しかし筋トレYouTuberでトップフィジーク選手のコアラ小嵐さんは、

こちらの動画で「その点はさほど問題無い」と語っています(6:00くらいから)

 


40kg可変ダンベルレビューとサイドレイズフォーム解説

 

動画引用元:コアラ小嵐 - YouTube

 

それよりも手動で重量を変更するわずらわしさから解放されるメリットを力説されてますねw

 

※コアラさんのアジャスタブルダンベルは、Motionsではありません。

 

Motionsのアジャスタブルダンベルをオススメする理由まとめ

 

  • とにかく安いので超お得!

  • 安全性も問題無い

  • 保証期間が1年間とロングサポート!

  • 幅は長いが、とくに問題は無さそう

 

Motionsのダンベルは24kgと40kgの2種類

 

24kgのMotionsアジャスタブルダンベル

 

重量は15段階で設定可能(2.5kg・3.5kg・4.5kg・5.5kg・6.5kg・8kg・9kg・10kg・11.5kg・13.5kg・16kg・18kg・20.5kg・22.5kg・24kg)

 

40kgのMotionsアジャスタブルダンベル

 

重量は17段階で設定可能(5kg・7kg・9kg・11kg・13kg・15kg・18kg・20kg・22kg・25kg・27kg・29kg・32kg・34kg・36kg・38kg・40kg)

 

24kgと40kgどっちを購入するべきか?

 

僕は断然40kgの方をオススメします!

 

f:id:zerokarahosomacho:20190819214008j:plain

 

これは現在の僕の体です。

 

まだまだこの程度ですが、 ダンベルの使用重量は

 

  • ワンハンドロウイング(背中):40kg

  • ダンベルベンチプレス(胸):30kg

 

この重量でセットを組んでいます。

 

つまりこの程度になるにも40kgは無いと足りないのです。

 

いずれジムへ行くことを考えている方やバーベル購入を検討している方は、高重量の筋トレはバーベルで行なって、腕や肩の筋トレ用に24kgを購入するのは有りです。

 

そうではなく、ダンベルだけで全身を筋トレするつもりなら40kg一択です!

 

【注意】Motionsのダンベルは必ず公式サイトから購入しましょう!

 

Motionsを購入する場合は、公式サイトを利用をオススメします。

 

まず公式サイトから購入するのが一番最安値で買えます(セールをやってたりします)

 

さらに他店から購入した場合、保証がどうなるのかわからない場合があります。

 

その点、公式サイトから購入すれば確実に1年のサポートが受けられるので安心です。

 

 

【 Motionsダンベルの公式ページ】

» 可変式ダンベル|Motions(モーションズ)

 

 

大人気メーカーなので、時期によっては在庫切れのときがあります。

 

その場合でも注文は受け付けてくれます。

予約販売という形で入荷次第、順次発送で対応してくれますよ!

 

“重り”と“栄養”さえあれば誰でも細マッチョになれる!

 

f:id:zerokarahosomacho:20190819223953j:plain

 

  • 適切な重量で、適切な筋トレ

  • 適切な栄養摂取

 

これらを継続して行えば、誰でも必ず筋肉は大きくなります

 

なぜなら筋肉が大きくなるというのは、人間の生理現象を利用しているだけだからです。

 

食事をしたら排泄するのと同じくらい、筋トレと栄養摂取で筋肉が大きくなるというのは当たり前の現象です。

 

この世の中 努力が報われないことも多いですが、筋トレは正しい努力なら必ず報われます。

 

筋肉は裏切らない…というのが流行りましたが、あれはマジですよ!

 

皆さんに良き未来が訪れることを祈ってます。

 

それではまた次回、トモでした!