トーストにはマーガリンやバターより『オリーブオイル+塩』

 

f:id:zerokarahosomacho:20181107093258j:plain

 

朝はトースト派の人も多いかと思いますが、皆さん何をつけてますか?

先日ランチに行ったときにいい方法を知ったので紹介します!

 

 

 

 

トーストにはマーガリンやバターより『オリーブオイル+塩』

 

マーガリン or バター?

 

マーガリンの危険性が言われだして久しいですよね。

マーガリン製造の過程で常温では液体の植物油に水素を付加し化学的に処理して固体化させる。

その過程でトランス脂肪酸が多く生成されてしまいます。

トランス脂肪酸は心疾患のリスクを高めるため、諸外国では規制が進んでいる状況。

極力は避けたい。

 

なのでうちはバターにしてます。

しかしバターが体に良い脂質かと言えばそうではありません。

どちらがマシか?ってレベルの話です。

 

そこでマーガリンやバターより、『オリーブオイル+塩』をオススメします!

 

オリーブオイルの効果

 

f:id:zerokarahosomacho:20181107124050j:plain

 

  • 抗酸化作用によるアンチエイジング効果
  • 動脈硬化や心疾患の予防
  • 肥満防止
  • 整腸作用
  • 便秘改善

 

など様々。

小皿にオリーブオイルと塩を少々盛り、トーストをちぎって適量つけて食べる。 

毎朝マーガリンを使用するよりはるかに健康的。ぜひお試しください!

 

普段使用する油を、サラダ油からオリーブオイルにするのもいいでしょう。

同じ脂質でもその内容で体に与える影響が大きく変わります。

フィッシュオイルも体にいいことで有名ですね(ここでは詳しく書きませんが、脂質に関していずれ一つの記事にまとめようと思います)

  

毒も喰らう

 

しかしマーガリンを完全に避けるなんて無理です(バターピーやバターロールですら名前に反してマーガリンを使用してることが多いw)

僕はファーストフードやスナック菓子も好きですし、食へのこだわりなんて全然ありません。

 

それでも頻度の問題で朝食にマーガリンは避けてます(ジャンクフードはたまにですが、朝トースト派の人にとっては毎日のことですからね)

 

食を気にしだすと「それならご飯のほうがいい!」「いや、玄米やオートミールの方がいい!」などキリがなくなるので、ほどほど 毒も喰らう、栄養も喰らうという意識が必要でしょう(©範馬勇次郎)

 

しかしなにが毒なのか知っておくだけでも全然違うでしょう。 

食べたいものを食べて早めにくたばった方がいいとは思ってる僕ですが、知らず知らずのうちにムダに毒は摂りたくないものです。

それではまた次回、トモでした!