メディアでよくやる『ながらトレ』はダメ!

f:id:zerokarahosomacho:20180928140733j:plain

 

職場でこっそりできるトレ、テレビを見ながらできる簡単エクササイズ…など雑誌やテレビなどのメディアでよく特集されてますよね。

 

しかし僕はこういうのをオススメしません!

 

今日はその理由を書きます。

 

 

 

 

メディアでよくやる『ながらトレ』はダメ!

 

やってるつもりになるだけ

 

こういうのは『やってるつもり』になるだけ。

 

それならこういうのは一切せずに、1時間しっかり時間を取って有効な運動や筋トレを集中してした方が良い。

何となくやってるつもりになったところで体は変わりません。

これをして痩せたという人は、これがなくても食事だけで痩せれているはずです。

 

+αとしてならどうか

 

ではしっかり運動や筋トレをしたうえでの+αならどうか? 

ダイエット目的なら消費カロリーが多少は増えます(僕は性格上やらなくていいことはしないのでしません)

 

しかし筋肥大を狙うならムダな運動になるのでやめましょう。

次の筋トレまでしっかり筋肉を休ませた方が効果的です(筋肥大には休養も大事です)

  

メディアにはメディアの都合がある

 

雑誌などは、毎回新鮮なネタを書かなくちゃいけないので大変なのです。

 

胸はベンチプレスをしましょう!って毎回書いても誰も買いません。

それなら「職場でできる〜」とか「自重で〜」など取っ付き易いネタを書いたほうが良い。

 

テレビもそうです「テレビを見ながらできる〜」って言わないと皆がテレビを見る時間が減っちゃいますw

「テレビなんて見ないでジムへ行け!」とは絶対に言わないわけです。

 

なので体を本当に変えることは二の次で、まずは売れること見られることが優先されちゃう。 

そうすると、大衆受けしそうな何となくやってるつもりになるネタを提供し続ければいいや〜ってなっちゃうんでしょうね(しかし昔に比べてだいぶマシにはなってきてます)

 

実際に体を変える方法は、昔から何も変わってない。

それをするしかありません。それが一番の近道です。

本当にトップクラスの人がわずかな差を埋めるための技術は研究で更新されていくかも知れませんが、それを我々が毎回目を光らせて気にする必要はありません。

 

根本的なことをやってみるしかない。 

ベンチプレスのフォームを学んでも、実際やってみないとわかりません。

自分の体で覚えていくしかない。まずは行動です。

 

職場でながらトレーニングをするくらいなら、集中して早めに仕事を終わらせ帰りにジムへ寄ってみましょう。

それではまた次回、トモでした!