どんなに腹筋を筋トレしてもシックスパックにならない人がいる!?

f:id:zerokarahosomacho:20180920144509j:plain

 

割れた腹筋の代名詞『シックスパック』

しかし実はどんなに腹筋を鍛えても、体脂肪を落としても6パックにならない人がいます。 

実は腹筋のブロックって全ての人が6つに分かれてるわけじゃないのです。

 

 

 

 

どんなに腹筋を筋トレしてもシックスパックにならない人がいる!?

 

腹筋の形は人それぞれ

 

ブロック数

ブロック数が4パックの人もいれば、8パックの人もいます。

あくまで6パックが多数ってだけなんですね。

これは生まれ持ってのものなので、鍛え具合によってブロック数が増減するわけではありません。

4つの人はいくら鍛えても4つですし、6つの人が8つになることもありません(ただ下腹の脂肪を落としきらず、本来は6パックだけど4パックしか見えてないというパターンはあります)

 

ブロックの配置

ブロックの配置も様々。

左右対称だったり、ズレてたりします。

形状も四角だったり、斜めだったり。

ブロックを区切る線も真っ直ぐだったり、ギザギザだったり、斜線だったり様々。

 

ボコボコ感も個性がある 

そして凹凸感にも個性があります。鍛えていてもボコボコ感が薄くて腹筋が目立たないタイプもありますし、一つ一つのブロックが巨大に発達する人もいます。

 

腹筋を筋トレしてダイエットしないとシックスパックなのかわからない

 

よく見ると腹筋って人によってかなり個性が出る部位です。

結局は鍛えて腹筋バキバキまで絞ってみないと自分の腹筋がどうなのかはわかりません。

 

下腹の脂肪は中々落ちない

注意しとかなくちゃいけないのが下腹の脂肪を落としきってなくて、最後の2パックが出てきてないのに「自分はもしかして4パックなのか?」と勘違いしちゃうパターンです。

ダイエットすると上の方の腹筋の筋は割と出てきますが、下腹部は中々出てこないのでこれはありがちな勘違いです。

 

あの器具は…

腹筋の形が人それぞれ…ってことはあの腹筋に貼って使う器具はどうなるの!?

…これには触れない方が良さそうですねw

 

それではまた次回、トモでした!