逆三角形のシルエットに欠かせない筋肉と必要な筋トレ!

f:id:zerokarahosomacho:20180911230815j:plain

 

この怖そうなお兄さん、理想のプロポーションです。

今日は逆三角形の体に欠かせないポイントを紹介していきます。

 

 

 

 

逆三角形のシルエットに欠かせない筋肉!

 

逆三角形を作るライン

 

f:id:zerokarahosomacho:20180911232751j:plain

 

ズバリ赤い部分の広がりと厚みです!! 

発達すればするほど、より体は逆三角形になります。

肩と大胸筋の上部が三角形の底辺となり、体の前から見える背中の筋肉が左右の二辺となります。

 

逆三角形のシルエットを作る部位 
  • 肩(三角筋)
  • 大胸筋上部
  • 背中(広背筋、大円筋)

 

それぞれどうやって鍛えればいいのでしょうか?

 

逆三角形の底辺を作る肩(三角筋)の筋トレ

 

↓以前の記事に書いたのでそちらを参照してください

www.zerokarahosomacho.com

 

逆三角形の立体感を作る大胸筋上部の筋トレメニュー

 

インクラインベンチプレス

f:id:zerokarahosomacho:20180813085906j:plain

 

このようにベンチを傾斜させて行うベンチプレスです。

普通のベンチプレスより大胸筋の上部や三角筋に刺激が入るため、三角形の底辺ラインを強調するには必須種目!

 

おっぱいみたいな大胸筋ではなく、鎖骨の下から盛り上がったかっこいい大胸筋が作れます。 

他にはリバースグリップ(逆手)で行うベンチプレスやダンベルプレスがありますが、一般的にはインクラインベンチプレスをしてる人が多いみたいです。

 

逆三角形の二辺を作る背中(広背筋、大円筋)の筋トレメニュー

 

懸垂 or ラットプルダウン

f:id:zerokarahosomacho:20180912001619j:plain

ラットプルダウン

 

大円筋狙い、広背筋狙いと分けて考える必要はありません。

懸垂やラットプルダウンで同時に鍛えられます!

上から引く種目は幅を広げると言われています。

 

ダンベル or バーベルローイング 

f:id:zerokarahosomacho:20180811214330j:plain

ワンハンドローイング

 

背中はぜひもう一種目、前から引く種目もいれましょう。こちらは厚みが増すと言われています(実際どうなんでしょう?ぼくは幅や厚さとか特に分けて考えず、どちらとも幅と厚みの両方に寄与してると考えてます。)

 

f:id:zerokarahosomacho:20180912003254j:plain

 

たくましい背中が逆三角形のシルエットを作ります。

背中を鍛えるのは肩幅を広げるためにも重要!

大円筋が発達すると脇に何か挟んでるような状態になるので自然と肩が広がる姿勢になります。

 

筋トレで逆三角形の体をデザインする

 

かっこいい体を目指して筋トレするなら、体をデザインしているという意識をもった方がいいです(僕もしょぼいんで偉そうなこと言えませんが)

 

とくに自分がほしい部位に力を入れてもいいかも知れません。 

好みの体は人それぞれ違います。

自分の理想の体になるために何が必要かを意識しながら筋トレするとより楽しくなりますよ!

 

それではまた次回、トモでした!