ダイエット停滞期を乗り越える方法 ダイエット講座 Part5

f:id:zerokarahosomacho:20180816153444j:plain

 

ダイエットに停滞期はつきもの!

ここで挫折してしまう人も多い。今日はこの停滞期を乗り越える方法を書いていきます!

 

 

 

 

ダイエットの停滞期を打破する方法!

 

そもそもダイエットの停滞期ってなに?

 

アンダーカロリーの食事を開始すると、始めは面白いように体重が落ちていきます。 

しかし、そのうち食事を全く変えてないのに体重の落ちが悪くなる時期がある。

これが停滞期です。

 

なぜダイエットで停滞期が起こるのか?

 

我々の体は、恒常性の維持(ホメオスタシス)という傾向があります。

 

ダイエット開始時は、 

「また食べ物が入ってきたら蓄えればいいや!」

と体は思うので、脂肪を燃焼させます。

 

しかしアンダーカロリーの食事が続くと、

「これは何かがおかしい…。今までアホみたいに栄養が入ってきてたのに最近全然足りてない。もしや食糧危機!?ちょっと飢餓に備えるか…。」

と、外部環境の変化に合わせ、省エネモードに突入します。

 

ダイエットの停滞期を乗り越える方法

 

チートデイ 

ひとつは以前の記事に書いたチートデイという考え方です。

停滞期に入ったらオーバーカロリーの日を設ける。

すると…

「あれ?食料はあるのか!?じゃあ脂肪を燃やしても問題ないんだな!」

と、再び痩せやすくなるというのがチートデイの理屈です。

 

www.zerokarahosomacho.com

 

しかしこれにはしっかりとした根拠はありません。

僕は効果があると思い込んでますが、効果がないと言う人がいるのも事実です。

ただ挫折するくらいならストレス発散も兼ねて取り入れてみることをオススメします。

 

運動量を増やす 

有酸素運動の量を増やせば停滞期の突破は早まるでしょう。

いくら省エネモードと言えど、エネルギー不足に変わりないので消費カロリーが増えればごまかしがきかなくなるでしょう。

しかし、しんどいので僕はしません😇

 

短期の結果は無視
体重がそのままだろうが、気にせずアンダーカロリーの食事を続けていれば必ず均衡は崩れ停滞期を突破できます。
 
停滞期がどれだけ続くかわかりませんが、必ずです!
 
信じてアンダーカロリーの食事を取り続けることです。これが一番の方法です。
いくら恒常性を維持しようとしても限界があります。
 

ダイエットの停滞期を恨んではいけない

 

ホメオスタシスも立派な生命維持の機能です。恨んではいけません。リスペクトすべきです。

人体の仕組みを理解し、ありのままを受け入れることが大事です。

 

停滞期の仕組みがわかれば、漠然と悩む必要はありません。

再び必ず減りだすので、気長に継続しましょう。

それではまた次回、トモでした!

 

関連記事

www.zerokarahosomacho.com