筋肉肥大に炭水化物(糖質)の制限が必要?むしろ積極的に摂取するべき! 初心者の落とし穴 Part6

f:id:zerokarahosomacho:20180724000301j:plain

 

以前、筋トレをしている芸能人がこんなことを言ってました。

 

「筋トレをした後にポップコーンを食べてる奴がいた。せっかく筋トレをしたのにあいつらはバカだ!」

 

うろ覚えですが、たしかこんな内容でした。炭水化物制限の話の一環として語ってたと思います。

実際、筋トレと炭水化物の制限がセットだと思っている方 結構いるのではないでしょうか?

 

しかしそれは間違いです!!

 

ダイエットと筋肥大は明確に分けて考えてください。

例の芸能人の発言はそのトレーニーがダイエット中なら当てはまりますが、増量中なら当てはまりません(ただポップコーンは脂質が高いのでトレーニング後の吸収されやすい状態で食べると、ムダに脂肪をつけることにはなります。)

 

 

 

 

筋肥大に効果的!糖質の役割

 

糖質は筋トレのエネルギー源

 

炭水化物=糖質 + 食物繊維 

 

まず糖質は筋トレのエネルギー源になります。

僕はダイエット中でもトレーニングの日は、夕食に炭水化物を必ず摂ってからジムへ向かいます。

以前抜いて行ったことがあるのですが、途中で吐き気がしてきてまともにトレーニングできませんでした。低血糖になったみたですね。

 

また糖質をエネルギー源として確保することで、カタボリックによる筋分解を防ぐこともできます。

食事から摂取したタンパク質(アミノ酸)がエネルギーとして使われるのを防ぎ、筋肉の栄養として使用できます。

 

糖質は筋合成を促す

 

トレーニング後、タンパク質を摂取する人は多いでしょうが、一緒に糖質を摂取することでより筋肥大に効果的です。

筋グリコーゲン(筋肉中の糖質)がトレーニングのエネルギーとして使われるため補充できる。

血糖値を上げることでインスリンを分泌させ筋肉の合成を促し、筋分解を抑制させます。

 

トレ後の糖質は、ぶどう糖かマルトデキストリンが吸収が早くてオススメです。

プロテインに混ぜて一緒に飲みましょう。

マルトデキストリンとBCAAを混ぜてトレ中の栄養ドリンクにしている人も多いですね。

 

※粉飴はマルトデキストリンです。

 

減量からすべきか、増量からすべきか…

 

ガリガリ〜普通体型の人は、迷うことなく炭水化物もタンパク質もたくさん摂取しオーバーカロリーにして筋トレして体をデカくしてください。

 

隠れ肥満(僕はこれだった)〜肥満の人はダイエットしつつ筋トレをしましょう。

初心者ならアンダーカロリーでも筋肉をつけられますし、痩せることで体の変化がわかりやすくなるので挫折をしにくくなります。

ある程度脂肪が減ったら炭水化物を摂りながら、増量していけばいいです。

 

一度痩せると体重を増やすことに抵抗を感じるためなかなか炭水化物をモリモリ摂ることを躊躇してしまいます。僕もそうでした。

しかし勇気を持って食べましょう。

ある程度筋肉がついていれば、脂肪が多少のっても以前のような体にはならないですよ。

それではまた次回、トモでした!